うるま市天願の閑静な住宅街に、

沖縄のアンマー(お母さん)2人が作る家庭料理バイキングの店があると聞き、お邪魔しました。

店内には、旬の野菜をたっぷり使ったシンプルな料理がずらり。

旬の野菜や切り干し大根、ひじき、豆腐など、身体に優しい食材を使ったおばんざいや、

田芋の煮付けや沖縄風天ぷらなど沖縄の家庭料理が常時10種類以上。

それに加えて、自家製漬物にナムル、お味噌汁など、盛りだくさん。

これらの料理を手際良く作るのは、

店主の岸本安子(きしもと やすこ)さんと安里敬子(あさと けいこ)さん。

長年、保育士として働いていた岸本さん(右)は、仕事柄、子育て中の母親と接することが多く、

「すぐに手に入る身近な食材で気軽に作れるメニューがお母さんたちのヒントになれば」と、

定年退職を機に自宅を改装してこの店をオープン。

 

「大げさなことはできないけど、家庭料理を作ることならできるから」

と愛情溢れる思いが伝わるのか、

南部は糸満、北部は国頭からもお客様がやってくるのだそう。

芋葛にニラなどを入れて焼いた「うむくじぷっとぅるー」は、このお店の人気の一品。

香ばしくプルプルとした柔らかい食感でさっぱりと食べられるのに、

しっかりとお腹にたまります。

テイクアウトで注文するお客様も後を絶ちません。

「混ぜるだけの簡単な料理なんだけど、ウチの一番人気なのよ」

と笑いながら手際よくフライパンを動かします。

こちらは、ニンジン、ニラ、ポーク、ちくわのかき揚。

シャキッとした歯ごたえの「エノキのてんぷら」と共に、どんどん揚がっていきます。

食後の時間もゆっくり楽しんでほしいと、

自然な甘みを生かした甘味や季節のフルーツが乗ったデザートプレートも用意。

さらに、コーヒーとティーもお代わり自由なのが嬉しいですね。

旬の野菜を中心としたヘルシーメニューとともに、大きなお座敷もこの店の魅力の1つ。

最近は、妊婦さんやお子様連れが増えて、ずいぶんにぎやかになったとのこと。

食事をしながら素材や調理についてたずねるお客様も多く、

エプロン姿のままでにこやかに談笑する岸本さんの姿が印象的です。

 

「この地で、できるだけ続けていけたら」と、柔らかな雰囲気で微笑む岸本さん。

その料理は、どれも素朴な味付けだけれど素材の味がしっかり楽しめる、

身体にも心にも優しいものばかりです。

 

 

アンマーの作る家庭料理に本島全域からファンが通う「健康旬菜 ランチの店 Mana」

健康旬菜 ランチの店 Mana

所在地/沖縄県うるま市天願1404 2F

電話/090-1948-5204

営業時間/11:30-15:00

定休日/水曜日・日曜日・第3土曜日

http://rantinomisemana.ti-da.net/

掲載日 2017年9月15日